• Instagram
  • Facebook
  • Twitter
MENU

【イベントレポート】KEYTALKが野鳥公園維持ボランティアに、サプライズ登場!!!

8月22日(水)、東京都大田区にて行われた野鳥公園維持ボランティア活動にサプライズ登場!

今回行われたのは、里山の土壌管理や畑の草むしりなど、野鳥公園の維持管理を行うボランティア。一般参加者 29 名が除草作業をしていると、「RockCorps supported by JT 2018」出演アーティストであるロックバンド「KEYTALK」がサプライズで登場し、参加者からは大きな拍手と喜びの声が上がった。

驚く参加者を前に首藤(ボーカル&ベース)は「今日は暑いですけどみんなで力を合わせて頑張りましょう!」と、意気込みを述べボランティア活動を開始した。4 月に美しい黄色い花が咲く「蘭(ラン)」の周りに生えた笹の除草作業では、「いっぱい刈りましょう!」と、八木(ドラム&コーラス)自ら参加者を引っ張る姿が目立った。
たくましく笹を刈り取る寺中(ボーカル&ギター)の姿に一般の参加者から「だいぶ慣れてますね!はやい!」と話しかけられると「小学校の時、田舎に住んでいたのでこういうの慣れてるんです」と得意げな表情を見せた。また、今回「KEYTALK」がきっかけでボランティアに参加したという女性は、「今日まさかサプライズで来ると思っていなくてグッズを忘れてきました!憧れの人とボランティアできるなんて夢みたいです!」と恥ずかしがりながら小野(ギター)に話しかけると、「こうやって音楽きっかけで参加してくれるのは嬉しいですね」とファンと交流しながら楽しんでいる様子が見られた。休憩中には鳥取県から参加しにきた男性と過去のライブについて熱心に話していたりと和気藹々とした空気が終始流れていた。

ボランティア活動終了後、「KEYTALK」のメンバーから 4 時間のボランティアを終えた参加者にセレブレーション参加引換券が直接手渡され、最後は全員で記念撮影。参加者とともに汗を流した「KEYTALK」の八木(ドラム&コーラス)は、「今日 1 日みなさんお疲れさまでした! 僕も含めみなさんと少しでも社会に貢献できたんじゃないかと思います。作業中、蚊に刺されてしまったのですが、休憩時間にお姉さんがムヒを貸してくださって、音楽好きに悪い人はいないというのは本当でした!当日もこの愛を持って楽しく盛り上げていきましょう!」と参加者へメッセージを送り、ボランティアを締めくくった。

現場インタビュー


Q. 実際にボランティアに参加してみての感想をお願いします。
小野さん(ギター):1 時間という短い時間でしたが、一瞬と感じるくらい楽しくできました。
寺中さん(ボーカル&ギター):汗の質が、フェスの時に楽しくみんなで流す気持ちの良い清々しい汗の流れ方と似ている印象がありました。
外で汗を流して、誰かの役に立つ、誰かが喜ぶことにつながるというのはすごくいいことだと再認識できたイベントでした。
首藤さん(ボーカル&ベース):率直に楽しかったと思います。ボランティアのイメージが変わりました。また機会があればいろいろな種類のボランティアもやってみたいです。
八木さん(ドラム&コーラス):ロックコープスのイベントに来てくれる人たちとボランティアをやって、その方々とライブ会場で会えるというのはすごくいいことだと思います。今日やれてよかったです。よりライブに気合が入ると思います!


Q. アーティストがボランティアをやる意義についてどう思いますか?
小野さん(ギター):僕らのような発信できる立場の者がボランティアをやるのは影響力があり、いいことだと思います。今回このような機会をいただきありがとうございます。そして、ロックコープスはライブで参加者に出会う前にこのようにボランティアで会えることでより気持ちが入ると思います。


Q. 最後に 9 月 1 日のセレブレーションへの意気込みをお願いいたします。
寺中さん(ボーカル&ギター):僕たちはいつもそこでしかできないことをやっていますが、9 月 1 日のセレブレーションもその日しか見られない「KEYTALK」を出来るよう今から考えていきます!
八木さん(ドラム&コーラス):今日一緒にボランティアをやった方々を探しながらボランティアしたいと思います!
小野さん(ギター):笹を刈って培った筋肉でいままでにない盛り上げを披露してありえないぐらいの一体感で幕張をぶち上げたいと思います!
首藤さん(ボーカル&ベース):9 月 1 日のセレブレーションに来てくれる方は、他人じゃなくて仲間の状態から始まっていると思うので、ハッピーな空間になる気がしていて楽しみです。


さっそくボランティアを選ぶ!